岐阜の塗装職人ブログ

杉原千畝 リトアニアボランティア(後編)

投稿日:2017.10.14 | コメントをどうぞ

最終日の外壁塗装は上塗り

今回も10人くらいでほぼ休みなく

塗装していきました

21557523_1409746269146441_4749302147879465150_n

とにかく必死!

ずーっと天候が良くなかったので

 

最後の面を塗る頃は

少し余裕もできてきて

笑顔も!

21459860_1474675369268824_1824100549_o

 

たまたまリトアニアに来れなかった塗魂メンバーにも感謝しつつ

最後には ほっと して

やり遂げたことに

泣いちゃいました(笑)

 

それから

岐阜に来ていた「リナス」たちとも再会できました

重要な建物ですので塗ることは控えてもらいましたが

カウナスで再会でき約束を果たせました

21457683_1322370074551558_1330203365694127145_o

 

また杉原ハウスの他にも

八百津町の中学生が訪れていた

地元の中学校の教室の天井と壁も「ガイナ」でボランテイア塗装

21457558_1322378524550713_8410966596524033201_o 21427385_1322380957883803_9012661411535079458_o

自由時間は最終日の半日でしたが

散歩中にカウナスの副市長「カイリース」さんとバッタリ会って記念撮影

IMG_5488

今後、杉原ハウスのような貴重な建物を塗ることはないでしょう

意を決して遠いカウナスへ来て

本当に良かった

IMG_5504

 

IMG_5512

 

IMG_5564

杉原千畝さんが仕事をしていた場所

 

塗魂インターナショナル最高!

21586703_1322383187883580_8064822254747399720_o

 

このプロジェクトに関わった多くの皆さん

本当にありがとうございました

 

追伸 中京テレビさんNHKさん取材していただきありがとうございました

 

IMG_5749 IMG_5760

杉原千畝さんの旧領事館リトアニアボランテイア塗魂(中編)

投稿日:2017.09.23 | コメントをどうぞ

中部国際空港からフィンランドのヘルシンキでトランジット

リトアニアの首都「ビュリニス」へバスでカウナスに

15時間、遠いよね

 

雨の町「カウナス」と言われるように(現地で聞いた)到着した時も雨

天気予報でも1週間良くない天気が続くようで心配していたことが現実に!

 

作業初日も雨が降りそうで何とか我慢してくれまして

杉原ハウスの外壁のチェック

 

木の窓も交換するはずですが、新しくなっていたり、まだ交換前の窓もあり

屋根瓦も葺き替えが終わっていて気持ちも高ぶってきます

   IMG_5473 

塗料はドイツ『クライデツァイト』社「シリカット」という無機質系の塗材

日本には似たような材料はなくてドイツでは500年以上前からあるらし

このシリカットはプラネットジャパンさんからの無償提供!

21557463_1409747179146350_7189171321949325213_n 21430223_1409747205813014_8150402069392751961_n

日本から送ってあったローラーや養生用品の確認もおこない

 

まずは外壁のアクリル性を中和させるための酸性水を塗り

水道水で洗い流していきます

 

もちろん窓枠などの養生も行って

 

いよいよ塗装開始!

ローラーでは凸凹の目の中まで塗るのができないので

ダスター刷毛3インチを2本重ねした刷毛を使用

壁に刷り込むという塗り方ですね

21460165_1474678555935172_2043706009_o

ローラーのように一回で面積が塗れないのと

ゆっくり塗っているとつなぎ目ができてしまいます

 

だから10人くらいで横に並び、ひたすら刷毛を動かして

下へ降りていきます

 

11人で昼食休憩を挟み14時頃には下塗りが終了

思ったより順調に行きましてホッとしました

 

心身ともに疲れた日になりました

いろいろ問題もあり(笑)

海外でのボランティアですからいろいろあります

 

明日は上塗り

IMG_5483

杉原千畝さんが命のビザを発給した旧領事館ボランテイア塗魂インターナショナル(前編)

投稿日:2017.09.17 | コメントをどうぞ

9月3日からリトアニア共和國のカウナス市へ行ってきました

目的は杉原千畝さんが第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していた

リトアニアのカウナスで命のビザを発給した旧領事館を塗装するため

 

杉原千畝とは

1939年、ドイツ軍のポーランド侵攻により、多くのユダヤ人たちはリトアニアへ逃げました。

でも、ソ連によるリトアニア併合が確実となり、彼らには日本通過ビザを得て、

第三国へ逃げるという方法しか残されなくなり。

ビザを求めたユダヤ人難民が領事館へ押し寄せたため、杉原は日本へビザ発給を打診しますが、

拒否されました。しかし、彼は悩み苦しんだ末、命令に反してユダヤ人難民にビザを書き始めました。

それは、人道・博愛精神第一という大きな決断でした。(NPO杉原千畝命のビザ)

 

旧領事館は築80年ほどで屋根瓦は割れやズレて雨漏りがあり

外壁もモルタルが剥がれて本格的なリフォームが必要でした

 

18818333_1382248885196329_190878995_o 18870557_1382249465196271_1609690019_o のコピー

 

私の所属するボランティア団体「塗魂ペインターズ」の海外ボランテイアを行う

「塗魂インターナショナル」の池田事務局長の一言「リトアニア行くぞ!」で決定(笑)

 

ボランテイア決定と言っても塗らせてもらえる確証もなく

建物はリトアニア個人の所有物ですし

日本の塗装屋がタダで塗ると言っても信用できないでしょうし

 

でも、幸運だったのはリトアニアの重枝全権大使がハワイでのボランテイアを企画した時の

ハワイの大使だったのです。

奇跡!

IMG_5453

松島板橋区議のおかげで岐阜県庁、八百津町のご協力もいただき

カウナス副市長など現地の人々にもお世話になり現実のものに!

 

よっしゃ 岐阜の先輩のためにとリトアニアカウナスへ・・・

 

 

リトアニア カウナスへ杉原ハウス塗装

投稿日:2017.08.08 | コメントをどうぞ(2)

前回のブログでも書きました塗魂(TOKON)インターナショナルの

スギハラハウス(旧日本領事館)塗装ボランティアへ行く準備が

進んでいます。

屋根瓦の補修費用が無いということで

クラウドファンディングで398万5千円も寄付をいただきました

ボランテイアが成功しなければ寄付金をお返しできるよう

お名前などが分かるような配慮をしました

岐阜県や八百津町でも寄付を集め渡したお金も

瓦や足場などの工事に使われていると思います(私も寄付しました)

みなさまからいただいた寄付金を現地で渡すことができるのが嬉しい

本当にありがとうございました

私たちはもちろん渡航費、宿泊費、食費などは実費で作業も無償で

行います

 

スクリーンショット 2017-08-08 18.12.05

 

NPO杉原千畝命のビザでも私たちのボランティアの紹介をしてくれています

 

スクリーンショット 2017-08-08 18.11.46

塗魂TOKONインターナショナル 

投稿日:2017.06.05 | コメントをどうぞ

私の所属している塗魂ペインターズより

一般社団法人TOKONインターナショナルができました

 

塗魂ペインターズは塗装店ができる国内でのボランティア活動をしていますが

TOKONインターナショナルは塗装店以外でも入ることができ

世界中でのボランテイアをしていく団体です

 

ハワイでの2か所のボランテイアと

ベトナムでも2か所のボランテイア

前回のリトアニア職業訓練学校の受け入れも入れたら5か所になるのでしょうか?

 

第6弾はリトアニア共和国のカウナスにある

「杉原ハウス」のボランテイア塗装に9月から行きます

あの命のビザを杉原千畝が発給した元総領事館

 

なぜ杉原ハウスをボランティアで塗るか?

岐阜の先輩、英雄、尊敬の念を抱いて塗らずには入られません

ただそれだけです

 

先日は千畝さんのご長男の奥様とお孫さんにもご挨拶ができました

18740651_1403154483097499_9010103543650600367_n のコピー

 

外壁はドイツの塗料メーカーに寄付をいただいた塗料を使うのですが

屋根瓦もボロボロで葺き替えが必要になります

18836138_1382249371862947_1214281429_o

地元カウナスの瓦屋さんの最初の見積は300万円

それが600万に変わったのです!

18818333_1382248885196329_190878995_o

本当はいくらなのか分かりませんが

とりあえず300万円を目標に寄付をお願いしています

 

岐阜県と八百津町も寄付を集めましたが

TOKONインターナショナルは誰からいくら寄付をいただいたか明確にして

お礼ができる

クラウドファンディングで行います

 

もしご協力いただけるようであればお願い致します

私たちは無償で自費でカウナスに行きます!

 

足場がかかった杉原ハウス

18920178_433300033700309_7954853780442959892_n

 

杉原ハウス寄付ページ

 

59300524-81f4-4cc7-a9bc-2fc50abc130d

 

 

 

 

 

 

リトアニア共和国からのお客様

投稿日:2017.05.18 | コメントをどうぞ

5月11日より、リトアニアのカウナス市より

職業訓練学校の学生  リナス 、アイバラス、 ズィルビナスの3人が

来日して愛知、東京、岐阜でのホームステイ

18451479_1367013600035002_7642772318722645611_o

私が所属する「塗魂ペインターズ」が9月にカウナスへ行って

あの杉原ハウスを塗装しに行く前に

学生の塗装研修を行い、9月一緒に塗ろうということです

 

昨日、帰国するまで約1週間

リトアニア語も英語もできない私が本当に大丈夫かと心配でしたが

スマホの翻訳に助けられ、なんとかなりました!なんとかなるもんだ!!

岐阜に来たのは「リナス』18歳、リトアニアでは成人です

約2メーターの長身

18449753_1364798903589805_2366544174597682131_o

塗装の養生、刷毛とローラーの使い方などを実際に作業して

18485268_848685975281735_7777025231562673833_n

寿司、焼肉、ラーメン、小倉トーストなどの日本食を食べて、美味しいと言っていましたが

一番のお気に入りはミスタードーナツ(笑)

CA7A6CC2-E51D-45DA-B9FF-618AAFADA52C

また、八百津の杉原千畝記念館、アクアトト岐阜、犬山城などの観光も行い

杉原記念館では説明するPADの前で15分も熱心にお勉強!

47E07A83-5E8B-4949-828A-351DEAED7168

リトアニア人は真面目で一所懸命なのが分かった

日本人と似ているかもしれませんね

 

静岡の塗魂メンバーの招待で富士山にも行くことができたのも思いでになるでしょう

残念ながら雲で富士山は見れませんでしたが

 

帰る前日はリトアニア大使館と国会へも

在リトアニアのガイザウスカイテ全権公使と

18451524_1366959026707126_3712023114276008533_o

リトアニア友好議員連盟会長の中曽根参議員委員ともお会いできました

18489903_1366951496707879_1870514961883377118_o

無事にリトアニアについたと連絡もあり

ものすごく疲れましたが良い経験をさせてもらいました

9月にカウナスで再開するのが楽しみです

 

 

最後に

安田会長の想い

 

■今年9月杉原ハウスを蘇らせることで、その思いも蘇らせていきたいと思います。
その思いとは、差別なき世界の構築であり、
生命尊厳であり、
核の廃絶であります。

これを国境を越え、カウナスの市民の皆様と共に発信していきたいのです。

市民社会の役割–それは、
国境を越え、すべての人に深くかかわる性質をもちながらも、
国家単位の政策議論にとどまりがちな課題に対し、
人間としての問題を浮き彫りにし、
国境なき心と行動の連帯を築くことにあります。

「差別なき世界へ」
「生命尊厳」
「核なき世界へ」と発信することは何も特別な人間でなければできないものではけしてありません。

「大切なものを守りたい」「子供たちに苦し思いをさせたくない」
「平和な生活を送りたい」
といった、人として当たり前の感情さえ持ち合わせていれば十分です。

たとえ夢や理想があったとしても、胸に描いているだけでは夢物語で終わってしまいます。
これを現実的な輪郭を帯びさせるためには、いったいどうすればよいのか…

それは、
「自分如きに何もできやしない」
といった無力感やあきらめと戦い、一歩、行動に踏み出す「勇気」が必要です。

たとえいかなる境遇であろうとも、誰もが無限の可能性を秘め、未来を変えることができる!

ここにいるカウナスの子供たちが、私たち塗魂ペインターズを待っています!

塗魂インターナショナル会長
塗魂ペインターズ最高顧問
安田啓一

 

 

 

パナホーム ハイセラコート外壁 岐阜

投稿日:2017.03.11 | コメントをどうぞ

パナホームの外壁サイディングで

「ハイセラコートウオール」があります

 

無機塗料で塗装されていて

硬質な表面になっています

 

特徴は新築から15年くらい経っても

ピカピカの綺麗な状態です

murasehigashijima 024

 

素晴らしい表面ですが

このハイセラコートは塗料の密着が悪いので基本的には塗装できません

最近、無機にも密着するプライマー(下塗り)が塗料メーカーから出てきていますが

まだまだ心配です

 

そして、重要な部分であるつなぎ目のシーリングは劣化します

打ち替えは必要です

 

そしてこのハイセラコートで多いのは

ベランダの内壁の剥離がよく起きています

murasehigashijima 018

藻が発生している部分はサイディングが劣化して

剥がれていいます

 

murasehigashijima 029

 

表面に傷がつくと、その傷から水分が入り割れも起きます

庭木などでこすらないように気をつけてください

 

また、それより多いのはパナホームさんの特徴でもある

屋根裏換気の鳩小屋のサイディング

murasehigashijima 001

ハイセラコートですがコーナーがシーリングのみで施工

しているので、シーリングが劣化してボロボロです

IMG_3536

これはハイセラコートではありませんがパナホームさんです

角から剥離しています

 

こうなると塗装での補修は無理ですので

ガルバニウム鋼板で覆うのが良いです

 

メンテナンスフリーだと思っているのが多いのですが

建築物は良いタイミングでメンテナンスが必要です

 

 

 

火災保険で外壁塗装ができる?岐阜

投稿日:2017.03.10 | コメントをどうぞ

訪問販売業者で

「火災保険で外壁塗装が無料でできます」などと言って

営業されている人がいます

 

とても怪しいですよね

 

あまり知られていませんが

火災保険は火災以外でも保険金がでる場合があります

 

よくあるのは

雪で軒樋が曲がったり、破損して、適正に雨が流れない 場合は

保険で補修ができます

雪害になります

yanotudo 040

また強風でスレート瓦の棟板金が飛んでいき無くなっている

のも風害で補修できます(実際にありました)

keshikawateimizuho 039

基本的に風害と雪害が多いのですが

瓦が割れている、漆喰が割れているのでは無理です

 

地震保険に入っていればモルタルのひび割れで保険が使える

も無理です

使える場合もありますが

ほとんどが経年劣化

年月に伴って劣化した部分とみなされます

 

ほとんど詐欺に近い営業方法ですのでご注意ください

 

本当の雪害や風害での破損であれば

大野塗装でも火災保険を使って補修はできます

 

自動車の保険と違い、火災保険を使っても保険料がアップすることが無いので

ご安心ください。

 

 

多彩模様塗装 WB(ウォールバリア)アートSi

投稿日:2017.03.10 | コメントをどうぞ

 

窯業系サイディングの多彩仕上げ塗料がスズカファインから発売されました

 

現在の住宅に多くの外壁に使われている窯業系サイディングの複数の色や凹凸感のある塗り替えに、

現在のイメージをあまり変えずに2色や3色で塗装したいならとても良い塗料です

 

せっかく気に入って多彩色サイディングを新築の時に選んだのに

1色で塗りつぶしてしまうのは嫌

 

多彩色サイディングのクリアー(透明塗料)が塗膜の劣化でを塗れなくなった

 

そんな方にお勧めします

 

アクリルシリコン樹脂にラジカル分子を制御する光安定剤を配合した高耐候性 水性1液アクリルシリコン樹脂塗料です。

 

専用ローラーを使った多層構造の塗膜に特殊クリヤーで仕上げますので一般的なアクリルシリコンより耐久性があります

また防かび・防藻剤も入っているのでカビの生えやすい場所にも最適です

 

ビカビカと光らない3分つやですので落ち着いた建物外壁になります

 

認定施工店になっている塗装店しか使えない塗料です

もちろん大野塗装は岐阜の認定施工店になります

 

スクリーンショット 2017-03-10 17.03.47

 

IMG_3834

外壁塗装の足場は必要か?

投稿日:2017.03.10 | コメントをどうぞ

外壁塗装には足場が必要か?

「はしごで塗装できます」

昔は私もはしごで塗装したこともあります

 

「脚立だけで塗装できます」

1階建ての平屋は脚立で塗装したこともあります

 

今もはしごだけで塗装していますと言う業者もあります

 

昔は私たちも丸太で足場を組んで塗装していましたが

現在は外注で足場専門業者さん業者さんに足場を組んでもらっています

 

一般住宅は金属製の組み立て式のクサビ式などが主流です

 

足場なしで塗装するメリットは

足場代がかからないので塗装費が安くなる

 

デメリットは良い作業ができない

なぜならば、塗装工事は1回塗って終わるのはないからです

最低でも2回、3回塗りが基本ですので

同じ場所を3回はしごで移動する必要があります

それで良い塗装ができるでしょうか?

 

また飛散防止のメッシュシートを張ることができないので

隣りなどに塗料が飛んで車や家を汚してしまうこともあります

 

そして、自社で足場を組むので塗装しやすいように組んで

金額も安くできるという塗装店もありますが

足場屋さんとの綿密な話し合いと計画で自社で足場を組まなくても

塗装しやすい足場の施工は可能です

 

また一般的な住宅の足場価格はメッシュシートを含んで15万円くらいです

昔ほど足場費は高くありません

 

塗装工事が終わればなくなってしまう足場ですが

とても大切な仮説費用になります

20120403_095026

1 / 41234
無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺