岐阜の塗装職人ブログ

屋根の脱落対策工事の補助金

投稿日:2021.04.18 | コメントをどうぞ

令和元年房総半島台風を踏まえた建築物の強風対策が国土交通省から発表されました

近年、強い台風の上陸で、住宅の瓦が脱落するなどの被害が多くなり

令和3年4月1日より新築での瓦の施工方法が変わります

今までは緊結(瓦を野地板、又は瓦同士で留め付ける)が棟の場合1枚おき、

軒、けらばは端部から2枚までの瓦でしたが

棟はビスで、軒・けらばは3本の釘などで、平部は釘等で全てを緊結することになります

また、新築以外でも強風対策として行う屋根の耐風工事などの補助金が出るように進んでいます

詳しくは下記資料をご覧ください

 

国土交通省PDF

 

 

窯業系サイディングの剥がれ、凍害

投稿日:2021.04.18 | コメントをどうぞ

窯業系サイディングの剥離が起きる原因は

つなぎ目からの水分で未塗装部分から起きること

シーリングがサイディングから剥離して、未塗装部分のサイディングの端が水分を含み起きること

 

釘打ちサイディングの釘部分から水分を吸い込んで起きること

サイディングの施工した表面は塗装してありますか、横、上、下、裏側は未塗装です

そこから水分を含んでいくと膨れがおきます

また吸い込んだ水分が凍って溶けてを繰り返すことで凍害がおきます

凍害や剥がれがおきやすい部分は北面が一番多く

日当たりの悪い東面や西面も起きることがあります

室内でいうと台所、洗面所、風呂、リビングなど結露がおきやすく部屋の窓付近が多い

窓が結露で水分が多く、その水分が窓から流れることで起きることが一番多いです

そして、構造にもよるのですが外壁の施工方法で「直張り」があります

透湿シートの上に直にサイディングを貼る工法は通気工法のように湿気を排出しにくくなり

サイディングの裏面の湿度が上がってしまいます

本当は裏面も塗装してあるといいのですが、ケイミューさん、ニチハさんなど頼むので塗ってください

補修方法はありますが窯業系サイディングの材料に似た材質のもので補修するのが基本です

あまりひどい凍害などは張り替えが必要になります

サイディングは2年で製品が変わるので似た製品での張り替えか、全体の張り替えになります

凍害など、剥がれないように北面の外壁を1年に一回は点検してみてください

外壁塗装で外せるもの

投稿日:2021.04.15 | コメントをどうぞ

外壁塗装で外せるものは、エアコンのスリムダクト、光ケーブルなど

住宅それぞれで変わってきますが、この建物は屋根裏換気口のカバー

木で作られていて、換気口を目立たせず雨避けになっています

普通はそのまま外壁塗装をして木を塗ってしまうでしょう

ビスで固定してあるので2本外せば取りはずせます

外さないと下にある外壁は塗らないことになりますね

下からは見えないので良いかもしれませんが

次回の塗装で外した時にしっかり塗ってあると気持ちがいいものです

外せるものは外して外壁を全て塗る

外壁塗装専門店だからできること

横葺き金属屋根の塗装で雨漏り

投稿日:2021.04.11 | コメントをどうぞ

横葺きのトタン屋根やガルバリウム鋼板屋根で長尺横葺きしてある屋根のメリット、デメリットは

継ぎ目が少なくなるため、雨漏りのリスクは少なくなる
 
 
膨張、収縮での歪みが発生しやすく、そこから水が浸入し雨漏りすることがあります
 
横葺きは上の板と下の板はハゼと呼ばれるはめ合わせで施工してあるので
 
その部分は隙間ができてしまいます
 
塗り替えをすることで上の板と下の板のつなぎ目が塗料でふさがると毛細管現象で
 
雨が入ることがあり、ハゼ部分の隙間から雨が入り、
 
防水シートの釘部分から室内に入ってしまうことがあります
 
ふさがっていた方が雨漏りしにくいと素人さんはほぼ思っているようですが
 
逆なのです、スレート瓦と同じですし、陶器瓦も同じです
 
塗装する時は屋根の縦でローラーを動かさずに
 
横横に塗っていくのが基本です
 
刷毛塗りも厚塗り厳禁です
 
薄い塗膜を何層もと言う塗り方が重要です
 
 
 
 
 

 

屋根谷の雨漏り補修

投稿日:2021.04.11 | コメントをどうぞ

住宅の屋根にある谷が銅板で施工してあり

腐食で穴が空いていて雨漏りしていました

室内には雨が入っていませんでしたが

軒天井の木板が穴が空いています

谷はステンレス板に交換して

天井も新しく木を張り替えして完成です

塗装専門店ですが、大工さん屋根やさん板金屋さんにお願いして

塗装、防水以外でも住まいを守っています

岐阜の木部灰汁洗い工事

投稿日:2021.04.11 | コメントをどうぞ

和風建築、木造伝統工法、本屋普請住宅には破風が木造になっています

玄関周りの柱なども多くは木造です

新築当時は白木の風合いがよかったでしょうが

20年も経つと黒ずみ、灰汁やカビが多くなります

木の灰汁洗いをして、洗浄、染み抜き、カビ取りを行うと新築樋時の白木が蘇ります

最後に木部浸透性保護塗料を2回以上塗ることで木を水分から保護し

長期の保護が可能になります

浸透しない造膜タイプのクリアー塗料やエナメル系塗料を塗ってしまうと

剥がれますからおすすめしません

光沢が出て塗った時はいいのですが

ここの塗料はキシラデコールのカスタニ色を破風板に

玄関の柱と欄間はスプルース色です

塗装後
塗装後
塗装後
塗装後

換気口のコウモリ対策

投稿日:2021.04.07 | コメントをどうぞ

建物の換気は強制換気と言う換気扇などの機械を使い

室内の換気を行うものです

強制換気のフード、換気口は金網が付いていないことが多い

金網があると換気のロスが多くなるためです

金網がないとコウモリが換気口から入ってしまいます

その下は糞がたくさん

塗り替えする住宅のオーナーさんから、コウモリが入らない対策をして欲しいと

言われることが多々あります

自然換気用のフードは細かい金網が付いているので交換すればいいのですが

あまり細かい金網だと排気ロスで思うような換気ができません

普通の部屋でほとんど換気扇を使わないと言うことであれば

自然換気用のフードに交換もできます

たまに使うよ、と言う場合は金網が細かくない多少大きめな網を使うと良いでしょう

でも、コウモリは「こんな穴に」と言う小さな穴に入りますが

塗り替え以外の工事も、できるだけ悩みの対応を行っています

取り替え前

換気口に網を取り付けて周りを鉄線で巻いてありました

 

取り替え後

丸型から雨が入りぬくい深型の網入りに交換

セキスイハウスのシーリング

投稿日:2021.03.28 | コメントをどうぞ

ガスケット
セキスイの外壁

セキスイハウスの外壁の目地はシーリングではなく

「ガスケット」と言う樹脂系の目地を差し込んで防水してあります

シーリングが全く使われていないのか?

1階と2階のサイディングのつなぎ目には使われています

外壁をみると横に一列つながっています

また切妻造りの屋根の場合は、妻壁(三角)部分にも横にシーリングされています

入隅もシーリングがされている場合もあります

セキスイハウスは全てガスケットだと思ってる塗装屋さんも多いのです

この横に走ってるシーリングは雨がたまりやすいのと

紫外線により劣化しやすい部位です

仕様書にシーリング打ち替えと書いていなかったら

そのまま塗装してしまうことが危惧されます

岐阜のセキスイ塗り替えは、専門店の大野塗装へ

 

 

セキスイのシーリング

プレキャストコンクリート住宅の塗装

投稿日:2021.03.16 | コメントをどうぞ

プレキャストコンクリート住宅はプレキャストコンクリート(PC板)を工場で製造して、

配送し現場で組み立てる住宅です現場で鉄筋コンクリート造りのように

天候にも左右されず、工期の短縮と精度の高い、安定した部材で

耐久性や耐震性があり、コストも低下できる

現場で行う作業が少なくなるため工期短縮ができます

耐火性、防音性は木造住宅より優れていますが

PC パネルのつなぎ目はシーリング処理で防水しているため

シーリングの劣化による雨漏りが起きやすい

また、屋根が瓦ではなくスラブ防水のため、

メンテナンス費用が高額になりやすい

主な住宅メーカーは百年住宅、大成建設ハウジング(パルコン)レスコハウスなど

塗り替えの現場が多いのは旧ウベハウスで百年住宅の傘下になっている

モルタル外壁の塗装

投稿日:2021.03.15 | コメントをどうぞ

モルタルはセメントに砂を混ぜたもので

モルタル外壁は下地にラス金網などを固定して

その上から金鏝でモルタルを平滑に塗った外壁

日本の住宅で過去には一般的な外壁でした

ひび割れが起きやすく、下地強度の不足

ラスの取り付け方法、モルタルの配合、塗り厚さ不足などが原因です

また、誘発目地をもうけてそこでひび割れが起きてもいいような

外壁を作っていました

0,2ミリ以下の細かいヘアークラックはフィーラーなどを

刷り込んで補修し、それ以上のひび割れはUカットして

清掃、プライマー、ウレタンシーリング、ポリマーセメント補修が必要

浮きがあれば、削り後にポリマーセメントで補修が必要

またラスなどの金網が露出して錆びている場合は錆止めも必要

塗り替え塗装は一般的に微弾性フィーラーを下塗りして中、上塗りになりますが

微弾性フィーラーは塗り替え専用で新しいモルタルなどには密着しにくいので

その前にシーラーやプライマー塗りが必要になってきます

そして、現状の塗装が複層材(吹付けタイル)であれば凸凹模様の吹付け

リシン塗装してあればリシンの吹付け後に微弾性フィーラーを塗りましょう

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺