岐阜の塗装職人ブログ

木製破風板のカバー

投稿日:2020.09.19 | コメントをどうぞ

本屋普請という昔ながらの伝統工法の住宅は現在でも木が使われていますが

現在の住宅のほとんどは破風板には窯業系サイディングの板が使われています

 

少し前の家では一般的な住宅でも破風は木で劣化を防ぐためにペンキを塗っていました

OP(油性調合ペイント)やSOP(合成樹脂調合ペイント)など懐かしいです

 

木は家に使われていても呼吸していますから

伸縮を繰り返したりするため塗膜が割れやすくなります

 

ここの住宅は前回の塗装は水性系の弾性塗料が塗ってあり

塗膜が剥がれてきていました

塗装では今後15年持たすことが難しいので

今回はガルバリウム鋼板で施工しました

 

木は生きているため覆い方も工夫が必要です

完成しました

せっかく高耐久の外壁塗料を使っても

外壁以外が早期に劣化してはもったいないですから

 

塗らないことも塗装店の工夫です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺