岐阜の塗装職人ブログ

スレート瓦の塗装・注意点

投稿日:2021.01.04 | コメントをどうぞ

スレートとスレート瓦の違いは

スレートは波状になっているもの

スレート瓦は板状で塗装してあるものです

 

コロニアル瓦とかカラーベストと言う塗装屋さんや

リフォーム店さんがいますが、スレート瓦の製品名ですので

絆創膏をバンドエイドと言うのと同じで、スレート瓦が正解です

 

スレート瓦の塗り替えをするときに注意したいポイントは

 

高圧洗浄でしっかりと汚れと剥がれる旧塗膜を剥がすこと

 

金属部分のケレン、棟のシーリングの確認

 

金属部分の釘の浮きを確認して打ち込むか

緩んでいればビスに交換して締める

赤丸部分

 

浮いていると台風で棟が飛ぶことがあります

 

雪止めを含めて金属部分の錆止めですが「唐草」を塗っていない現場が多い

唐草は樋に隠れてしたから見えないですから塗らない人が多いのです

 

シーラー、プライマーの下塗り

 

タスペーサーの挿入

 

シリコン、フッ素などの中塗り

 

上塗りで完成ですが

 

瓦に縦にローラーを塗ると重なり部分がふさがることが多いので

重なりが埋まっていないか最終確認するのが重要です

 

横に横に塗って欲しいですけど

刷毛使うのが面倒なんでしょうね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺