岐阜の塗装職人ブログ

幕板上部からの雨漏り

投稿日:2021.09.04 | コメントをどうぞ

塗装工事をしてまだ雨漏りが直らない事例

塗装工事終了、玄関アルミサッシからの雨漏り直ったはず

直らないので玄関の庇屋根をガルバリウム鋼板でカバー施工

まだ直らないので、電話で検査の依頼をいただきました

庇の上右半分は雨漏りなし、左部分はベランダの下で狭くなっていて手が入らないということでシーリングをしていない部分

ここは当然、水がサッシ枠から入りました

当然ですが下地の屋根からも水が流れ出てきます

もともとの屋根の作り、防水シート不備でしょう

もう一箇所は幕板の上部から雨が入っていました、シーリングを打ち直していないのと幕板の下は1階と2階のサイディングのつなぎ目になるので、その部分のシーリングをしていないかもしれません

もう一つは幕板の下をシーリングで埋めていたことで雨の出口を塞いでいたことです

雨漏りしていたので隙間を塞ごうということでしょうが逆に雨漏りを起こす原因になります

幕板上部のシーリングと下のシーリングカット、庇のシーリングを行い雨漏りが直りました

塗装では雨漏りが直りません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺