岐阜の塗装職人ブログ

積水ハウスの出窓

投稿日:2022.04.16 | コメントをどうぞ

積水ハウスの外壁塗装で忘れがちな部位といえば出窓の処置

外壁のガスケットやシーリングだけに目がいきがちですが、出窓の上はガルバリウム鋼板を塗装するだけという業者さんも多くいます

ガルバリウムの庇部分とアルミサッシの取り合い部分はシーリングで埋めてあり、紫外線と雨の影響で劣化しやすくなっています(赤線部分)

セキスイ出窓

これをそのまま塗って終わりではせっかく足場を組んで外壁塗装するのに残念な結果になってしまいます

このシーリングをカットして取り外し、シーリングの打ち替えは必須です

また黄色矢印部分は隙間が空いています、内部で引っ掛ける構造になっていますが、外れているためビスで固定しました

知ってるか、知らないか、気づいてもこのままでいいや!じゃなくできることをする。

そんな職人さんだと安心ですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺