岐阜の塗装職人ブログ

窓周りのシーリングは打ち替え?増し打ち?

投稿日:2022.08.08 | コメントをどうぞ

窯業系サイディングの外壁塗装をする時に窓周りのシーリングを古いシーリングを切り取って新規打ち替えするのか?古いシーリングの上から増し打ちするのか?どちらが正解でしょうか?

答えは両方ありです

あまり劣化していない場合で新しく施工するシーリングの厚みが確保できれば増し打ちでも大丈夫ですが劣化して厚みがとれない場合は打ち替えになります

また、サイディングの施工方法が通気工法で現在のシーリングが三角打ちではなく、外壁とフラットになっている場合は必ず打ち替えをおすすめしています

サイディングが直張りだと透湿防水シートに傷がつき雨漏りの原因になるという人もいますが、切って下地を確かめずに言うことではありません

いろんな施工方法がありますから、それにあったシーリング方法を選択すると良いです

この住林の塗装現場は打ち替えを行いました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺