岐阜の塗装職人ブログ

目地の変色。シーリングに注意

投稿日:2022.10.22 | コメントをどうぞ

10数年前から言い続けていることがあります

シーリングを柔らかくするのに使われる可塑剤が入っていますが

シーリングの上に塗料を塗ってもその可塑剤が表面に出てきて変色をおこします

可塑剤を含んでいないシーリングはノンブリードシーリングといいます

でも実際は可塑剤に似た成分が入っていて、シーリングメーカーはいろんな塗料との相性を確認してノンブリードシーリングとして発売しています

実際にノンブリードと言われるシーリングでも変色してしまうシーリングはあり、水性のノンブリードシーリンングはダメです、変色します

昔は可塑剤が入っていたのになぜ変色しなかったか?それは、強溶剤塗料が主に使われていたからでしょう強溶剤塗料は可塑剤を止める効果があったと思いますが

吹きつけで外壁を行わなり、臭い強溶剤はあまり使いません

薄い外壁色はうす黒い色がでてきますが、濃い色の外壁は薄い補修跡が出てきます

まだまだ知らない職人さん、塗装屋さん、リフォーム店が多い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺