岐阜の塗装職人ブログ

スレート瓦のタスペーサーの間違い

投稿日:2023.11.18 | コメントをどうぞ

薄型スレート瓦を塗装する場合に使用する「タスペーサー」

セイムが製造販売するスレート瓦の重なり部分を密着させない部品で

現在販売されているのは01と02で、最新は01です

02

大野塗装は01を挿入しています

01

初めての屋根塗装の場合はそれほど神経を使わなくてもよく、瓦の1枚分角から15センチくらいの場所に2箇所に1個づつ挿入します

瓦の角に入れるとこのように割れてしまいます(悪い例)

 

1度塗り替えをしてある屋根塗装の場合でタスペーサーが入っていない場合は最初に「縁切り」をして重なり部分の塗膜を切り取りします、ほとんどがくっくいています

縁切りするとこのように水分が出てきます、雨漏りしなくて幸運でした

その後にタスペーサーを入れないと雨の逃げ口がなくなり、雨漏りしてしまいます

間違った場所に入っていたタスペーサーを取り外すとこのようにぺっちゃんこ

もし自分でタスペーサーを作るならもう少し違う形にしますね、

南面でスレート瓦が反っていて、隙間が空いているときは、挿入しなくてもよいですが、見極めが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺