岐阜の塗装職人ブログ

気泡コンクリート板(ALC)の塗装

投稿日:2021.03.14 | コメントをどうぞ

気泡コンクリート板(ALC)は

プレキャストコンクリート板の一種で

セメント、石灰、硅砂にアルミ粉末を入れて

成形し、オートクレープ(高温高圧蒸気)で

養生して作られる

 

旭化成のへーベルが有名ですね

 

軽量で耐火性が高いので火災保険が安くなります

 

ただし、表面強度が低く表面は細かい穴があるため

吸水性が高いため塗装が重要になる

 

またつなぎ目はシーリングでの雨漏り対策ななり

透湿防水シートを使わないので

シーリングの劣化により雨漏りが起きやすい

 

窯業系サイディングに昔、含まれていたアスベストは含んでいません

 

新築の時の塗装は

フィーラーの下塗りで目止めを行い

アクリルリシンや複層材塗料(吹付けタイル)

砂岩調、石目調での施工が多かった

 

ALCの塗り替えは

シーリングの確認とひび割れの確認が重要で

適切な下地処理の後に

微弾性フィーラーなどの下塗り

中塗り、上塗りが基本です

 

また、ひび割れを防ぎたいので弾性塗料を塗りたがるのですが

内部からの湿気や塗膜の温度上昇により膨れが起きやすいため

弾性塗料は採用せず透湿性の高い塗料がオススメです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料塗り替えガイドブック
無料お見積りお問い合わせ

施工エリア

  • 岐阜県・各務原市
  • 岐阜市
  • 関市
  • 美濃加茂市
  • 美濃市
  • 羽島市
  • 瑞穂市
  • 山県市
  • 可児市
  • 岐南町
  • 笠松町
  • 坂祝町
  • 富加町
  • 北方町
  • 愛知県
  • 江南市
  • 犬山市
  • 一宮市
  • 扶桑町
  • 大口町
  • 及びその周辺